dskst's diary

Life and Tech Blog

5分でわかるカンバンの原則とプラクティス

カンバンとは?

カンバンとはメタプロセスであり、プロセスを改善するためのプロセスである。 カンバンを用いることからカンバンと言われる。

f:id:dskst9:20200603134637p:plain
カンバンのイメージ

カンバンは作業者ではなく作業にフォーカスする。"作業の流れ"を良くしていく。
「始めるのをやめて、終わらせるのを始めよう!」が合言葉。

簡単なはじめ方

  • ボード上の列でワークフローを示す。
  • カンバン上にチームのタスクをすべて並べる(付箋などに書き出す)。
  • タスクの進捗(ワークフローの進行)でタスクを移動していく。

f:id:dskst9:20200603135126p:plain

カンバンの原則

カンバンの原則に沿ってこそ効果を発揮する。カンバンには3つの原則がある。

  1. 見える化
  2. WIPの制限
  3. 流れの管理

1. 見える化

仕事を見える化して自分たちの仕事を理解する。
「仕事がどう進むか」を学び、改善の可能性を発見する。

  • 作業項目が見える
  • ワークフローが見える
  • 個々の項目の状態が見える
  • チームのポリシーが見える

2. WIPの制限

WIP(仕掛り作業)に制限を作る。
WIPを制限することで、ワークフローの流れが悪くなったり、滞ってしまったり、完全に止まってしまったりする。 これは、WIPの制限により改善の余地が浮き彫りになったということであり、課題への取り組みを促す。

3. 流れの管理

ワークフローが迅速に流れるように管理する。
ワークフローを流れる作業項目がどこで詰まってしまうのかを発見し、ボトルネックを改善し続ける。流れの改善にフィードバックループはセットになる。

原則の適用

見える化

  1. ボードにワークフローの列を作る。
  2. タスクは付箋などで表現する。
  3. タスクの属性やチケット番号などチームにとって必要な情報を付箋に書き込んで利用する。
    開始日、完了日、チケット番号、サイズ、進捗インジケータなど
  4. 誰がどのタスクをやっているかが見えるようにする。
  5. 作業がブロックされていること(ブロッカー)をわかるようにする。

f:id:dskst9:20200603121455p:plain
見える化する

WIPの制限

  1. 列ごとにWIPを制限する。
  2. または、人単位でWIPを制限する。
  3. または、ワークフロー全体、チーム全体などもある。

f:id:dskst9:20200603133133p:plain
WIPを制限する

流れの管理

  1. WIPの制限をする。
  2. プロセスの待ち時間を削減する。
  3. デイリースタンドアップをする。
  4. チームで協力してタスクを完了させる。
  5. タスクはボードの左から右にpullする。

f:id:dskst9:20200603135447p:plain
流れを管理する

プラクティス

デイリースタンドアップ

次の2つの質問をする。

  1. タスクを完了に近づけるために何をする必要があるか?
  2. 誰がそれをやるか?

サービスクラス

明確なポリシーと特定の作業種類を紐付ける方法。 ワークフローのレーンやタスクの属性など特別なポリシーが必要なものに対して付与する。付箋の色を変えたり、特急レーンを用意したり。

f:id:dskst9:20200603133818p:plain
サービクラスの例

計画づくり

カンバンではチームにとって適切なタイミングで計画を行なう。
イテレーションを設けて計画をするのもよいし、inboxが一定量になったら計画するのもよい。流れるように計画づくりをするのもよい。

見積もり

見積もり自体に価値があるのではなく、ディスカッションに価値がある。
フォボナッチ数でポイント見積もりするもよし、大まかなタスクサイズで見積もるもよい。見積もらない(平均すると全部同じサイズになるから)というのも一理ある。

f:id:dskst9:20200603133954p:plain
ポイント見積もりの例

完了の定義

各ワークフロー毎に完了を定義する。
完了を定義することでタスクの品質・成果を一定以上に保つことができる。

f:id:dskst9:20200603134250p:plain
完了の定義の例

ふりかえり

フィードバックループを回すために実施しなければならない。
イテレーションごとにふりかえるのもよし、常にふりかえるような仕組みをつくるのもよし。

メトリクス

以下のメトリクスが集めやすい。

  • サイクルタイム - プロセスの一部分を通り抜ける時間
  • リードタイム - プロセスの全体を通り抜ける時間
  • スループット - 一定期間に完了した項目数
  • ボードにあるタスクやブロッカーの数
  • 納期順守率
  • 価値要求と失敗要求 - 障害に対する要求なのか、顧客に価値のある要求なのか

累積フロー図などを利用するとメトリクスが確認しやすい。 f:id:dskst9:20200521113840p:plain

さいごに

カンバンはプロセスを改善するためのプロセスであるため、カンバンを使ってチームがプロセスを改善し続けてほしい。
本記事で使用したカンバンサンプルは カンバン sample - Google Jamboard から閲覧可。

参考資料

カンバン仕事術

カンバン仕事術