dskst's diary

Life and Tech Blog

『Azure PaaS サービスを使ったクラウド ネイティブ ソリューションのビジョンと顧客活用例』に参加してきた

f:id:dskst9:20170504160251j:plain

最近 Azure にお世話になる機会が増えたので参加してきたぞ!

connpass.com

高速高機能 NoSQL Azure DocumentDB のビジョンと方向性

www.youtube.com

個人的に Azure で一番気に入っているサービス。
使い方に癖があるが、使いこなせると非常に強力。
AWS でいう DynamoDB のような感じ。

特徴

  • 多様性
  • Volume
  • Velocity
    • Globally Distriuted
    • Low Lateny
    • Preditable Perfomance
    • Defined onsistency

Azure App Service と Azure Functions の最新事例とロードマップ

www.youtube.com

Azure Functions is イベント駆動でのサーバレスアーキテクチャ
AWS でいう Lambda のような感じ。

Docker on Linux になっているので、、そのままサーバレスの恩恵を受けれて移行も楽。
Visual Studio から Azureontainer Registry を作れて、そこから別のソリューション(Pivotal 等のOSSコンテナサービスに適用も可能)

Azure PaaS を使ったレガシー Web システムのモダナイゼーション

www.youtube.com

富士フイルムソフトウェア株式会社 イメージワークスでの事例

苦労した点

  • Waterfall から Agile
  • RDBとDocumentDBの同期
  • RDBとDocumentDBのマッピング
  • Azure Search と DocumentDB の同期
    • 情報がなくて色々トライ
    • Indexer:うまくいかない
    • API:遅いとか?
    • WebJob:これでうまくいった
  • スケールできる構成
    • プラン上げる?台数増やす?どっちがお得か、やってみないとわからない

DocumentDB と App Service に見る新世代のクラウド ネイティブ ソリューション

www.youtube.com

スライドだけ確認したい方はこちら https://www.slideshare.net/hiromasaoka/documentdbapp-service

  • NoOps を目指していきたい
  • Cold pool or Hot pool
    Cold pool:セルフプロビジョニングできるリソースプール。自由度は高いけど時間がかかる。
    Hot pool:App serviceの仕組みそのもの。pre provisioned and ready to host. pool of ready-to-go.
  • App Servie では Blobが落ちるとAppserviceが止まる

DocumentDB

  • 性能と一貫性のトレードオフ限界を追求したNoSQL
  • 一貫性制御レベルを4段階で指定可能
    • 完全(同期)から結果整合
  • SSDネイティブに設計されたラッチフリーのDBエンジン
  • GEOレプリケーションは裏でレプリケーションしている
    • RUを上げると、裏でスケールアウトしている
    • リージョン内であれば秒単位でスケールアウト、リージョン外であれば数分
  • RDBの場合は Connection Pool の扱いに困る
    • DocumentDB など Stateless の connetion pool だと問題にならなくていい
  • 鉄板構成
    • 1コレクション10GB、1コレクション内の検索はオンメモリ
    • 複数コレクションまたがると各ノードで検索して、結果をマスタをマージして返すのでオーバーヘッドが多い
    • 全文検索は苦手なので Azure Search に任せる
  • GEO跨ぎをすると
    • GEO同期は緩めにして、各リージョンでSearchを置く
  • RUはTTSの抽象数字

まとめ

Azure の DocumentDB には未来を感じる。 Azure 自体の情報が増えて、事例も増えればと思うが、それはかなり先になるのかな。

Azure を広めようとMSがいろんなサポートをしてくれており、下記のような無料セミナー動画も公開されていたよ。 オンデマンド版セミナー | TechNet