dskst's diary

Life and Tech Blog

Let's study English! - 英語勉強16回目 『ついにきました "r"』

f:id:dskst9:20160207175603p:plain

久しぶりの更新になってしまった。前回の記事から1ヶ月以上も経ってしまって反省。

ブログを書いていたおかげでやらなきゃという使命感があるので、アウトプットのルールを持つというのは大事だと感じた。
タイトルは n日目 だとおかしすぎるので、 n回目 に変更するがこれからもブログにアウトプットしていこうと思う。

ちなみに、発音記号での練習は r で最後になり、音のつながりや変化、読書などへ進展していく。

"r" の音

日本では有名な L と R が…ってやつですね。
結論を先に書くと、発音の方法さえわかるとそんなに難しくはなかった。

どうやって発音するのか

英語耳より抜粋。
これを実践すると格段に発音しやすくなった。

  • 舌の奥の部分を、のどの奥の方に引いいて発音する
  • 舌を後ろに引いいて一気に発音する
  • 『ɚ』で発音を恥dmて次の母音まで変化させる
  • 初心者向けのコツとしては『r』の出だしに小さい「ゥ」をつける
  • 舌は口内のどこにも触れない
  • 子音がすぐ次の『r』は次の音に備えながら前の音を発音する
  • 『d』や『t』など舌が前に来るものは、舌先を上の前歯裏にきちんとつけなくていい

全ての発音記号を通してみて

いままでの学校で学んだ義務教育の英語というものが、どんなに回り道をしていたのかがよくわかった。
特に発音は格段に変わったと思うし、リスニング力も向上したのを実感できた。

次回以降は音声変化(チェケラとか複数の単語がくっついて音が変わるやつ)を勉強していく!