読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dskst's diary

Life and Tech Blog

Let's study English! - 2日目 『有声音と無声音』

英語

英語は子音のみで発音することが多い

どういうこと?となりますよね。 私もとてもびっくりしたことについて。

有声音と無声音というものがある

有声音とは声帯を振動させる音。 無声音は逆に声帯を振動させない音。 喉仏辺りに指を当てて喋ると振動が指に伝わるが、これが有声音。

日本語は有声音がほとんど!

「あいうえお」の母音から、「さしすせそ」などの子音まで日本語は全部声帯が振動する。 これは、子音の後に母音が続くため。

例えば、「さ」は「sa」と発音しており、この母音が声帯を使うということのようだ。

英語は子音だけで発音することがある

英語は子音の後に母音が続かずに、子音のみで発音するケースがしばしばある。 例えば、「kiss」は『kís』という発音になり、末尾の「s」は子音のみの発音で 無声音 となる。

ややこしいことに「s」という文字でも2つの発音があり、『s』『ʃ』とがある。 どちらも「s」という文字に対する発音になるが、日本語では表現できない音である。 「she」と「sea」はカタカナでは「シー」だが、「s」の発音が異なるというわけだ。

ちょっと寄り道:『s』と『ʃ』の違い

どちらも無声音になるが、舌と口の使い方が大きく異る。

  • 『s』
    敢えてカタカナで書くと「ス」という字になるが、母音は発せず歯と舌に息を当てて鳴らす音である。 もちろん声帯は一切振動させない。
  • 『ʃ』
    「シ」に近いだろうか。といっても声帯は使わずに、犬などに「シッシッ」とやる感じに近い。 声帯は振動させずに息だけで音を鳴らす。

このように、同じ「s」でも全然違うため、カタカナでは同じになる「she」と「sea」も、全く違う音になる。 この発音がわかると「she」と「sea」の違いを聞き取ることができるというわけ。

無声音というものを知ると確かに聞き取りが少しできるようになった

今まで発音なんて意識していなかったので、すごい新鮮。 英語は巻き舌にしたらそれっぽく聞こえるだろうと思っていたが目からウロコ。 無声音からの口の動きなど、英語は喋りやすい言語なのかなと思ってきた。

子音は23個あるので地道にやっていこう。 まずは『s』と『ʃ』、それの濁音『z』と『ʒ』だ。